映画の日とは?なぜ1日なのか、由来を紹介!

Pocket


いつもよりも格安で映画を
観ることのできる「映画の日」。

そこまではご存知の方も
多いかもしれません。

ですが、

「映画の日」って、いつからできたの?

なぜ1日が「映画の日」になったの?

ということを知りたい!という方が多いようです。

そこで、映画の日について、
また、お得に映画を楽しむコツについても、
アナタにご紹介します!

映画の日とは?

映画の日とは?なぜ1日なのか、由来を紹介!1

「映画の日」と聞くと、
毎月1日!」「映画のチケットが安くなる日!
といったイメージを抱きがちです。

たしかにその通りなのですが・・・

正確には、「映画の日」は12月1日だけなのです!
(ビックリ!)

さて、その由来ですが・・・。

時は1956年。
日本映画連合会という組織がありました。

その会の話し合いで、
日本で初めて映画が一般公開されたのを記念し、
12月1日を映画の日とする!」と決まったのです。

本当は、日本での初の映画一般公開は、
1896年の11月25日~29日でした。

神戸にある、神戸倶楽部という場所で初公開されたのです。

その60年後、「映画の日」を定めようとなったときに、
あと2日、先に延ばしたら、12月1日だ!
そのほうが、わかりやすくて、皆にも覚えてもらいやすい!
とかなんとか言いながら・・・。

これが、「12月1日」が映画の日となった由来なのです。
ちなみに、それ以外の1日はファーストデイと呼ばれています。

Sponsored Link

入場料サービスについて

映画の日とは?なぜ1日なのか、由来を紹介!2

今でも行われている「映画の日」にちなんだ入場料割引は、
1980年代から始まったサービスです。

それから約30年。
映画館への入場料は、基本的に1,800円になりました。

通常料金

  • 一般の方々 …
      1,800円。これが基本料金です。
  • 学生 …
      1,500円高校生・大学生等であれば、学生証を提示することで
      300円分割引されます。(学生証をお忘れなきよう!)
  • 中学生・子ども …
      1,000円3歳以上~中学生がこれにあてはまります。
  • シニア …
      1,000円60歳以上の方であれば、割引をされます。
      (証明書が必要かどうかはご確認くださいませ)
  • 障がい者手帳をお持ちの方々 …
      1,000円同伴の方も1,000円で映画を楽しむことができます。
      (手帳をお忘れなきよう!)

その他の割引サービス

  • ファーストデイ・映画の日
      どなたでも1,100円で映画を観賞することができます。
  • 毎週水曜日の「レディースデイ」
      女性であればどなたでも、先ほどと同じように
      1,100円に割引される映画館があります。
  • レイトショー
      21時前後に上映される作品に関して、
      割引サービスを受けることができます。
      1,200円程度に割引されます。

※映画館や地域などによって、多少の差がある場合があります。
 事前に調べておくと良いでしょう。

消費税増税による影響

4月からの消費税増税によって、
消費税がかからない多くのサービスも値上げとなりました。

映画の入場料も心配されましたが、
基本料金の1,800円は据え置きとなりました。

ですが、映画の日やファーストデイなどの特別割引料金は
+100円になってしまいました。

増税前、映画の日は1,100円ではなく、1,000円だったのです。

さて、次は14日と15日も映画の日?についてご紹介します。

Sponsored Link

14日や15日は映画の日じゃないの?

映画の日とは?なぜ1日なのか、由来を紹介!3

14日15日も「映画の日」だと
お思いの方も多くいらっしゃるようです。

ですが、それは1日(ファーストデイ)ではないため、
やはり正確には「映画の日」にはあたらないのです。

というのも、これは映画の系列による割引サービスの日付

  • 毎月14日TOHOシネマズデイ
  • 毎月15日リーブルの日・シネマサンシャインデイ

 
なのです。

映画館の系列別ということになりますが、
これを利用すると、それぞれ1,100円に割引してもらえますよ!

映画の日・ファーストデイと併せて活用することができたら・・・

月に2回は映画館に割引価格で足を運べる!

とっても魅力的ですよね。

・・・ですが、これって、世界的に見てみたら、
あんまり「安い」って言えないお値段なんです。

それって、どういうことなのでしょうか?

実は日本の映画料金は世界一高い!

実は、世界的にみると、
映画の基本料金=1,800円って、ものすごく高いんです!

たとえば、ほとんどの先進国で映画を観ようとしたら、
大抵500~1,000円で楽しむことができます。

その基本料金から、さまざまな割引サービスをつけるため、
ますます低価格で映画館に行くことができるのです。

それに比べると、日本ってたしかに高価格ですよね・・・。

なぜでしょうか?

映画館の入場料チケット。
その基本料金は、すべて映画館に入るのではありません

映画を製作した会社と半分半分にし、
その片方が映画館の収入となるのです。

それに、あまり面白くない映画によって生じた赤字を、
超有名な作品による収入でまかなうと、
それでチャラにすることも多いようです。

映画館で働く人々の給料を維持するためにも、
高価格なチケットになっていると考えられます。

また、
アメリカなどは、日本よりも安い値段で映画館に入れますが、
その分、ポップコーンなどの飲食物の値段は高く設定されています。

むしろ、その値段で稼いでいるといっても過言ではないのだそうです。

映画の日とは?なぜ1日なのか、由来を紹介!4

さらに、日本の場合映画市場自体の人気が薄いようで、
これ以上値段を下げてもお客さんは増えないと見込まれています。

客脚が伸びない以上、客単価を下げても仕方ない、
というのは確かに理に適っています。

映画ファンとしては、入場料が安くなるのはありがたい話です。

でも、そのせいで経営難の映画館が増えて潰れてしまう、
というのも困りますしね。

日本と諸外国では映画産業の事情が違うことも
理解してあげなければいけないのかもしれません。

さて、ここまで、映画の日について、
また、映画館で映画を観ることについて、
たくさんのことをご紹介いたしました!

割引サービスを活用し、
より楽しい映画ライフが送れますように・・・!

↓これ、スゴイらしいですw

Sponsored Link

コメントを残す