猫のいびきの原因は?病気の可能性は?

Pocket


かわいい愛猫の寝姿。
まるで無防備に、完全に気を許し切った格好を眺めているだけで、
なんともほっこりとして癒されるものですよね。

「あらあら、いびきなんかかいて、
このギャップがまたまたかわいい~。」
となるわけですが!

ところが中には、
飼い主の安眠を妨げる程の大いびきをかく猫ちゃんもいたりして、
人間と同様、これが何かの病気のサインかもしれないのです。

ここでは、猫がいびきをかく原因と病気の可能性について
ご紹介します。

いびきをかく原因

基本的に、いびきをかく原因は人間と同じです。

鼻腔内や気道が狭くなることによって、
空気の通りが悪くなり、振動音がいびきとなります。

品種によって
スコティッシュ・フィールドやペルシャ、ヒマラヤンなど、

生まれつき鼻の低い子(短頭種)は、鼻腔が狭いため、
いびきをかきやすいといえます。
(※こちらは、元気なら心配いりません。)

Sponsored Link

病気の可能性

いびきに隠されている病気には、以下のものがあります。

肥満

首やあごについた脂肪により気道が狭くなり、
空気の通りが悪くなることが原因です。

肥満は大敵!

これは猫の世界でも同じことです。
いますよね、貫禄ありありの猫ちゃん。

でも健康のことを考えたら、えさの量を見直し、
ダイエットさせるのが本物の親心です!

アレルギー

アレルギーによって鼻腔内や気道が腫れて、
空気の通りが悪くなることが原因です。

まずは、アレルギーの原因を見つけてあげることが第一です。

猫風邪

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症など

特に外猫は、猫風邪を貰ってくる可能性か高いです。

それによる鼻炎で、鼻の粘膜に炎症を起こし、
鼻腔内が狭くなるのが原因です。

やはり、出来れば室内飼いが安心ですね。

副鼻腔炎

鼻づまりによって口呼吸になることが原因です。
これは、人間でもツラいですよね。

いびきが気になったら

これまではしてなかったいびきをかくようになったら、
一度、動物病院を受診して相談されることをおすすめします。

高齢であったリ、元気がなかったりすれば尚のこと。
高齢になっていびきをかくようになる猫ちゃんは多いです。

高齢になると体力も落ち、免疫力も低下します。
早めの受診が病気の早期発見につながります。

Sponsored Link

ちなみに、我が家では

余談ですが、
21才まで長生きした我が家の愛猫は、完全室内猫でした。

今思えば、たま~にいびきをかいておりました
「 ピ-、ピ- 」
と鼻を鳴らして眠っているのをみて、それはそれで癒されておりました。

「あとで、鼻ク○取ってあげるね~。」
で、見えてる鼻ク○を指でやさしく掃除してあげたりしておりました。
今では懐かしい思い出です。

でも、心配になるようないびきをかいたことはありませんでした。

このように、いびきをかいているからといって、
必ずしも病気というわけではないのです。

まとめ

今回は、猫のいびきの原因と病気の可能性について
ご紹介しましたが、いかがでしたか?

いきびに病気が隠されているかどうか判断するために、
日頃の猫ちゃんの変化に気を配りましょう。

  • 大きないびきをかく
  • これまでかかなかったのに、急にいびきをかくようになった
  • 毎日いびきをかく
  • 元気がない

以上のような症状があったら、
まずは、かかりつけの動物病院に相談してみましょう!

Sponsored Link

コメントを残す