うさぎの正しいお風呂の入れ方・手順とは?注意点はある?

Pocket


うさぎは、人間と同じように
お風呂に入る必要はあるのでしょうか?

また、うさぎの体が汚れた時は、
どのようにすればいいのでしょうか?

今回は、
うさぎの「正しいお風呂の入れ方」「その時の注意点」
についてお答えしようと思います!

うさぎはお風呂に入れて大丈夫?

うさぎのお風呂

「うさぎをお風呂に入れるのは動物虐待だ!」という意見も
少なくありませんよね。

なので、
「そもそもうさぎをお風呂に入れて大丈夫なの?」
という疑問が出てきます。

でも、結論から言いますと・・・

うさぎはお風呂に入れても大丈夫です!

ただ、お風呂といっても、
湯船に入れて浮かばせる(泳がせる)というのはダメです!

洗面器などを使い、うさぎが座った姿勢で、
「少しおしりが隠れるくらいの深さ」のお風呂に入れましょう。

うさぎは、人間のようにたっぷりのお湯に浸かって、

体を温めたり、リラックスはしないので、
体を洗ったらすぐ出してあげましょう!

Sponsored Link

お風呂の入れ方

うさぎをお風呂に入れる時は、
できるだけ負担がかからない環境を作ってあげる必要があります。

では、その入れ方をみてみましょう(^-^)

1.お湯の温度をチェックする

熱すぎないお湯を「うさぎの体より少し大きめの洗面器」
もしくは「洗面台」に用意する。(お湯の温度は40℃弱くらい)

2.うさぎをしっかり持ち上げる

うさぎを持ちあげる時は、

飼い主さんの片方の腕を「うさぎの胸からお腹側に入れ」
もう片方の腕で「おしりを包み込むように」しましょう。

3.うさぎをゆっくりお湯に入れる

うさぎの「おしりから」ゆっくりお湯に入れてあげましょう。

4.体を手で洗う

洗う時は、顔と耳はお湯に入れないようにしましょう。
汚れている「おしりを中心」に汚れをとってあげると良いですね。

洗う時に、体が仰向けのような体勢になるときは、
背中を少し丸めてあげましょう。

うさぎの背骨は、もともとカーブを描いているので、
背骨を真っ直ぐにしないようにするといいですよ!

5.体をふく

乾いたタオルで体全体の水分をとってあげましょう。
その後、ドライヤーで全体を乾かしてあげると良いですね。


うさぎは水やお湯に浸かることは得意ではないため、
お風呂に入れる際に激しく抵抗することがあります。

うさぎ自身が、お風呂に入るのを極端に嫌がるようであれば、
「水で濡らしたタオルで汚れた部分を拭く」くらいにしてあげましょう。

お風呂に入れる時の注意点

うさぎの洗い方

体を洗ってあげる時に「気を付けなくてはいけないこと」が
5つあるので、みてみましょう!

①ウサギ用のシャンプーを使う

体を洗った後、うさぎは自分の体をよく舐めるので、
体についた泡は、残さず流してあげるのがいいですね。

②ドライヤーは近づけすぎない

近づけすぎると、やけどの原因になります。

③仰向けの体勢はできるだけ避ける

内臓が圧迫され、うさぎはリラックスできません。

④耳に水が入らないようにする

うさぎにとって、耳は敏感な体の一部で、
水が入ると病気になることもあります。

⑤浅いお風呂に入れる

うさぎの足がつかないほど深いお湯に入れないでください!

足がつかないことで、うさぎは泳ぐこともありますが、
その間、水を大量に飲んでしまう可能性もあります。

また、パニックを起こして大暴れしてしまうこともあります。
(うさぎにとって非常に負担が重いです!)

参考動画

ここでは、3つの例を動画でご紹介します(^-^)

洗面台の例

こちらの動画のように、仰向けにせずに洗ってあげるのが理想です。

ただ、突然洗面台から飛び降りる可能性もあるので、慣れるまでは要注意です。

また、慣れない内はこの動画よりも
もう少し手早く洗って開放してあげると良いでしょう。

洗面器の例

こちらの動画では洗面器を使っていますね。

洗面台のように高さもないので、飛び降りのリスクはありませんし、
万が一暴れ出すほと嫌がった場合でも、すぐ開放してあげられます。

初めはこのように、洗面器をお風呂場などの床に置いて
洗ってあげると良いですね(^-^)

NG例

一見ゆったり泳いでいるようにも見えますが、
足が底につかない上、湯船の壁が高いので逃げることもできません。

パニックになりやすい状況で、溺れる可能性が高いですし、
なんとか泳いでいた(浮いていた)としても、

精神的なストレスはかなり大きいと言えます。

そもそも、うさぎをお風呂に入れるのは、

「フンなどの汚れを落とすために手早く洗う」ことに意味があり、
「ゆっくり湯船に浸からせる」のは完全に無意味なので、やめましょう。

Sponsored Link

我が家では

我が家の場合、冬になるとお風呂にはあまり入れませんでした。

その代わり、ムースタイプパウダータイプ
「水を使わなくてもいい石鹸」で体の汚れをとってあげました。

寒い季節やお風呂に入れる時間がない時は、
ぜひムースやパウダータイプも試してみて下さい!

まとめ

今回は、うさぎの「お風呂の入れ方」について
お答えしましたが、いかがでしたか。

まとめると、

■お風呂に入れる手順

  1. お湯の温度をチェックする
  2. 体をしっかり支え、ゆっくり、おしりから入れる
  3. おしり(汚れている部分)を手で洗う
  4. タオルで体全体を拭く、嫌がらなければドライヤーも使って体を乾かす

■注意点

  1. シャンプーはウサギ用のものを使う
  2. ドライヤーは近づけすぎない
  3. 仰向けの体勢は避ける(仰向けに近い体勢の時は背中を丸めてあげる)
  4. 耳に水が入らないようにする
  5. うさぎの足が届かない深さのお風呂には入れない!

 
となります。

うさぎは、毎日お風呂にいれる必要はありません

しかし、入れる時は、
温度や洗い方に意識しながら洗ってあげましょう!(^o^)

Sponsored Link

コメントを残す