うさぎを飼う際に必要な準備とは?どんな注意点がある?

Pocket


「うさぎを飼いたい!」

でも何をしたらいいのか、
必要なものは何なのか?注意することは何なのか?

初めてだと分からないことだらけですよね( ゚Д゚)

今回はそんな方のために、うさぎを飼うとき必要なもの、
注意点をまとめてみました!

手つかずの方はぜひご覧ください!

うさぎを飼う時に必要な準備

うさぎを飼うのに必ず必要なアイテムはこちらです(^^)

  • ケージ(50×60㎝)
  • トイレ
  • トイレシート
  • トイレ砂
  • 餌入れ
  • 牧草入れ
  • 給水ボトル
  • 牧草
  • ペレット

これらは、最低限必要なものです(^^)

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

ケージについて

ケージのサイズは、一般的なサイズが50×60㎝程度です。

ですが、やはり決め手はうさぎのサイズに
合わせてあげること、です!

身体が大きいうさぎの場合は、
もう少し大きめのケージを用意してくださいね。

トイレについて

トイレ、トイレシート、トイレ砂も必須アイテムです(^^♪

トイレの形は三角と四角の2種類があります。

ケージの大きさや、レイアウトの仕方で
どちらがいいか、飼い主さんが決めて下さいね(*´ω`)

給水ボトル

給水ボトルも上が蓋になっているタイプと、
給水口を回して開けるタイプ2種類あります。

牧草・餌入れ・牧草入れ

ケージの床に直置きするのは衛生上問題があるので、
餌入れや牧草入れは必ず用意しましょう。

餌入れ(牧草入れ)は、簡単に外れたり、
ひっくり返らないものを選びましょう。

ペレット

餌については、ジュニア用とシニア用など、
含まれている成分に違いがあります。

うさぎの年齢に合わせて購入しましょう(*‘ω‘ *)

ちなみに、栄養確保のためにペレットは必要ですが、
主食はあくまでも牧草です!

うさぎを飼うときの注意点

うさぎを飼うにあたって、
どんな注意点があるのかご紹介しましょう!

  • スペースの確保
  • 室温の調節が可能か
  • 経済的に大丈夫か
  • 毎日うさぎの為に時間が割けるか
  • 家の中に危険物がないか
  • 賃貸の壁の保護

では、1つずつ見ていきましょう。

スペースの確保

なんといってもスペースがないと、うさぎのケージすら
置けませんので、まずは場所を確保してください。

室温の調節が可能か

うさぎは体温調節が苦手な動物ですので、
夏は冷房、冬は暖房が必要です。

室温を一定に保つことが可能かチェックが必要です。

経済的に大丈夫か

うさぎ自身やケージ、エサなどの必須グッズ以外にも
お金はかかります。

飼う前に忘れがちな大きな落とし穴として、医療費があります。

うさぎにもペット保険はありますが、

保険に入る場合は、保険費用 + 残りの医療費、
入らない場合は、医療費全額負担、

いずれにしても、うさぎ自身の価格よりも
高額になることも珍しくありません。

なので、経済的に厳しい場合はおすすめしません…。

毎日うさぎの為に時間が割けるか

うさぎのお部屋の掃除や、1.2ケ月に1回の爪切り、
部屋の中で少し遊ばせたり、必要な方は健康診断など、

今までの生活に+αとしてうさぎの時間が加算されます。

時間に余裕がない場合は、うさぎの為に時間を作る
工夫を行ってください!(^^)!

家の中に危険物がないか

部屋の中を散歩させたりするとき、
コードをかじって感電しないか、落下物はないかなど
様々な危険が家の中には潜んでいます。

うさぎが安全に遊べる環境作りも大切なことです☆彡

賃貸の壁の保護

最後は賃貸の場合、やはり気になるのは壁。
どこでもすぐかじってしまいます…。

猫用の壁保護シートなどの用意が出来るかも
考えなければいけません( ゚Д゚)

もちろん、賃貸でなくても、我が家の壁に
傷をつけたくなければやはり気を遣わなければなりません。

我が家が他に買い足したうさぎ用品

我が家には10ケ月のホーランド♀うさぎがいます!

我が家は賃貸の為、
やはり壁の保護シートは必要になり、買い足しました(‘ω’)

他にも主人がコンピューターを扱う仕事をしており、
お部屋にコードがたくさんあるため、サークルを購入しました(*^-^*)

ケージから出した際、サークル内なら危険物もなく、
安全に安心して遊ばせれるので、監視する必要もなく、便利です!

各家庭、どのようにうさぎと生活するかによって
もちろん飼い方の注意点や、必要なものは変わってきます。

生活スタイルに合った方法でうさぎを飼いましょう(*^^)v

まとめ

今回はうさぎを飼うのに必要な準備や注意点について
ご紹介しましたが、いかかでしたか?

今回のまとめはこちらです(^^)

■最低限必要なものをまず揃え、うさぎが飼える環境を整える。

  • ケージ(50×60㎝)
  • トイレ、トイレシート、トイレ砂
  • 餌入れ、ペレット
  • 牧草入れ、牧草
  • 給水ボトル

■以下の注意点がクリア出来ている環境かどうか、確認する。

  • スペースの確保と室温の調節が可能か
  • 経済的に大丈夫か
  • 毎日うさぎの為に時間が割けるか
  • 家の中に危険物がないか
  • 壁の保護(賃貸は特に注意!)

環境や、生活スタイルに合わせて
うさぎと楽しい時間をお過ごしください!

Sponsored Link

コメントを残す