音を鳴らして犬の無駄吠えをやめさせる方法とは?

Pocket


犬は吠える生き物ですが、「わんわん!」と何度も吠えられると、
飼い主としてはとても気になりますよね。

言葉を話すことができない犬にとって、

それが感情を伝える手段の一つだと理解していても、
思わず注意したくなります。

もしも、飼っている犬が昼夜構わず大声で吠えてしまっていたら、
飼い主としては簡単にそれを許すことはできません。

何故なら、ご近所の迷惑にもなりますし、
トラブルに発展しかねないからです。

では、どのように無駄吠えをやめさせるように
しつけたらいいのでしょうか?

今回の記事では、
犬のしつけで吠えるのをやめさせる方法とコツについて、
紹介していきます!

犬が吠える意味は?

そもそも、吠えるという犬の行為には、
どんな意味があるのでしょうか。

実は、犬にしてみれば、
吠えるという行為は感情表現であり、

本来もともと持っている犬の
コミュニケーション方法の一つなのです。

犬が吠える理由は?

犬は吠えることで自分の感情を表現しています。

一体どんな感情や理由が考えられるかと言いますと、

  • 何かしらのストレスを感じている
  • 何かを警戒している
  • 何かに対して恐怖を感じている
  • 飼い主に何かしてほしいこと(要求)がある
  • ほかの犬や、何かに興奮している
  • 不安を感じている(仔犬の場合)

などです。

これ以外にも、犬が仔犬の場合は、
不安感から吠えているという場合もあります。

この場合、飼い主にしてみれば、

「仔犬の身体が小さく、声も小さいので、
あまり気にならなかった」

という事がほとんどでです。

実際、犬の無駄吠えが気になりだすのは、
声も身体も大きくなった成犬になってからという人が多いのです。

無駄吠えをやめさせる方法とコツ

まず準備段階として、ペットボトルに小さい石を入れて
大きな音が鳴るような物をいくつか作っておきます。

そして、犬が吠えてしまうタイミングを待ちます。

犬は些細な物音や、玄関のチャイム音に反応することが多いので、

家族に協力してもらい、
わざとチャイムを鳴らしてもらうのもいいかもしれません。

犬が吠えだしたら、犬の方は見ずに、
ペットボトルを突然投げて犬を脅かします。

この時、犬にペットボトルがぶつからないように注意しましょう。

そしてこの動作を何度も繰り返し、
吠えたら嫌なことが起きる、と犬に覚えさせるのです。

一番の重要なポイントは、驚く犬を知らんぷりする、ということで、
吠えたからといって、犬にかまってはいけません。

この一連の動作を何度も繰り返し、

チャイムが鳴ったのに吠えなかった時だけ、
おやつをあげたくさん褒めて構ってあげましょう。

こうすることで、「吠える=嫌なことが起きる」から、
「吠えなかったら=いいことが起きた!」に変化させていくのです。

我が家のわんこ

実は、うちのわんこちゃんも無駄吠えします。

まだ二歳なので仕方ないのかもしれませんが、
チャイム音や近所の犬の鳴く声に反応し自分も吠えはじめます。

正直、頭を悩ませていて、「いい機会かな」と思い、

今回ご紹介したペットボトルを使った方法を
実践してみようと決め、家族に相談をしました。

今まで我が家では、犬が吠えると
「ダメ!」「しーっ!」「うるさいよ!」など、

まとまりのない言葉で犬の傍に行って注意をしていました。

「ちっとも治らないなぁ」とは感じていたのですが、
直す方法を娘に伝えたところ、娘が驚きの発言をしたのです。

「あ~!そっか!だから、注意してもしっぽを振って喜んでいたんだね!」
と・・・。

私からしてみると「えぇっ?!喜んでた?」と、
寝耳に水でした。

よくよく話を聞いてみたら、私が犬を注意する様は、

娘の目には
「ママが近づいて来てくれて、犬が喜んでいるように見えた」
とのことでした。

この話で、私は今まで注意の方法を間違えていたことに、
ようやく気が付きました。

我が家のわんこの頭の中には、
吠えるとママが近づいて来てくれ、

「僕に構ってくれる」、
という図式になってしまっていたのです。

吠えてもわざと知らんぷりをする、
という行為がいかに重要かをこの時知りました。

まとめ

今回は犬が吠えるのをやめさせる方法とコツについて
私の体験談を交えてご紹介しましたが、いかがでしたか?

まとめると、以下のようになります。

吠えた瞬間、犬が嫌がる行動(大きな音を鳴らすなど)を
飼い主がとり、犬に対して知らんぷりを貫く。

これを繰り返し、吠えなかった時は
ご褒美(おやつ)をあげて思いっきり褒める。

これにより、

「吠える=嫌なことが起きる」
から、
「吠えなかったら=いいことが起きた!」

の図式に頭の中を変換させる。

我が家の愛犬も、かなり根気がいりそうですが、
早速、チャレンジしていきたいと思います!

Sponsored Link

コメントを残す