犬にもインフルエンザはうつるの?症状や治療法は?

Pocket


インフルエンザは感染力が高いので、
家族のだれかが発症すると、
全員に感染してしまうことは珍しくありません。

そうなると

“愛犬にも感染するのでは!?”
と不安になりますよね。

人間と違い、まだペット医療は発展途中ですから、

“もしも感染したら満足のいく治療はできるのか?”
などと心配の種は尽きません。

今回は、

人間のインフルエンザが犬にもうつるのか、
犬にもインフルエンザはあるのか、

など詳しく説明したいと思います。

人のインフルエンザは犬にうつる?

答えは“うつりません”

インフルエンザとは、同種族の間のみで感染します。

人なら人にのみ感染する、
犬なら犬にのみ感染する、

ということです。

人から犬、犬から人に感染するウィルスを
“人畜共通感染症”と呼びますが、

厚生省のHP内にある“動物由来感染症”のページで
確認できますが、現時点で報告はありません。

ですが、

・突然変異
・新型の脅威

この2つには注意が必要なので、説明しますね。

Sponsored Link

ウィルスは突然変異する

脅かすわけではありませんが、将来にわたって
異種間での感染が起こらないとは言い切れません。

ウィルスは突然変異するのです。

「鳥インフルエンザや豚インフルエンザが
人間に感染するかもしれない」

とTVでニュースになり、騒がれましたよね。

つまり、突然変異を可能性に含めると、将来的には、

人から犬へ、犬から人へとインフルエンザが
感染する可能性はゼロではないと言えるのです。

稀なケースだけど、新型には注意!

インフルエンザは年々進化していき、
新型になる度に感染力が高くなると報告されています。

人のインフルエンザが、猫や犬に感染した例は、
アメリカでは十数件の報告があります。

報告数からして、極めて稀なケースですが、
年々感染力が高くなるインフルエンザウィルスですから

異種間の感染がゼロであるとは言い切れませんね・・・。

犬インフルエンザとは?

人のインフルエンザが犬にうつらないというだけで、
犬にもインフルエンザは存在します。

犬インフルエンザはA型H3N8と呼ばれ、
なんと、もとは馬インフルエンザでした。

今回は、犬同士でも感染する、
このA型の犬インフルエンザについてご紹介します。

特に、

  • 感染経路
  • 犬インフルの症状
  • 治療方法
  • 予防方法

以上について詳しくお話しします。

感染経路

犬インフルエンザは

  • 感染している犬との接触
  • ウィルスが付着したものと接触

により、感染します。

感染している犬との接触はもちろん、

看病している飼い主さんの手や衣服などに
付着したウィルスにも注意が必要です。

ウィルスは空気感染もするので、多頭飼育している場合は、
健康な犬とは別室にしましょう。

犬インフルの症状

ウィルスの潜伏期間は2~5日です。

感染すると、せき、鼻水、発熱、
食欲不振、といった症状が現れます。

犬の平熱は38.5度ほどなので、
それ以上の場合は発熱とみなします。

症状が全くでないワンちゃんもいて、
ほとんどは感染しても軽い症状で済みます。

ですが、重症化したのち死亡例もあるので、
安心はできません!

重症化して恐ろしいのは肺炎なので、
子犬や高齢犬は特に注意が必要です。

治療方法

犬インフルエンザの症状自体は
自然に治癒することがほとんどで、

脱水させないよう、
お水は十分に飲ませてあげてください。

二次感染防止のために、抗生物質の投与があります。

感染した際に、脱水症状がみられるときには、
静脈内輸液療法が行われます。

予防方法

紛らわしいのですが、病院で摂取する混合ワクチンは、
犬パラインフルエンザに対するものです。

ここまで紹介してきたA型H3N8の犬インフルエンザと
犬パラインフルエンザは全く違うものです。

ですが、混合ワクチンには、
多数の病気を予防する成分が含まれていますので、
一定の効果が期待できます。

Sponsored Link

さいごに

人間のインフルエンザは、愛犬にはうつりません。

この点は安心できますね。

ですが、犬インフルエンザは犬に感染します。

  • 症状は、咳、鼻水、発熱など
  • 軽度なら自然に治癒
  • 予防は混合ワクチン

以上のポイントをぜひ覚えておいてください。

犬インフルは日本ではまだ心配するほどではありませんが、
ひとたび国内で感染が広まれば、ご自身の飼い犬にも被害は及ぶでしょう。

もしそのような事態に陥ったとき、
今回の記事が少しでもお役に立てることを祈っております!

Sponsored Link

コメントを残す